尾瀬プライベートガイド

個人ガイド貸し切りの尾瀬/ハッピーアウトドア

7月の尾瀬 2012年

2012年 7月の尾瀬。

7月に入り、咲いている花の種類も一気に増えてきました。

例年よりも暑い夏になりそうな気配がしています。

 

 

7月上旬。

ナナカマドの花

ナナカマドの花。

咲きっぷりが見事です。

 

チングルマ種

チングルマの綿毛。

まだ完全な綿毛というほどフワフワにはなっていません。


ミズチドリ

ミズチドリ。

 

7月3日。

ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク。


ヒオウギアヤメ

ヒオウギアヤメ。

カキツバタと比べて、咲いている箇所が限られるのでうっかりしてると見ないまま通り過ぎてしまいます。

 

ワタスゲ

尾瀬ヶ原に山ノ鼻から入ってすぐのワタスゲ。

ぽつぽつとカキツバタが混ざる。

 

7月6日。

ツルアジサイ

ツルアジサイ。

鳩待の入り口にて。

 

木苺類

鳩待からの峠道に多い、木苺類。

何イチゴになるのか同定はできませんでした。

ミヤマ○○イチゴとかになるのでしょうか。

 

7月6日。

ヒツジ草

湿原の池塘にてヒツジグサ。

7月初旬だと、まだポツポツと咲くくらいです。

 

ハッチョウトンボ

夏の人気者、ハッチョウトンボ。

 

おぜこうほね

オゼコウホネ。

 

7月12日。

石楠花

ハクサンシャクナゲ。

 

尾瀬のかたつむり

チャイロヒダリマキマイマイ。

ニッコウキスゲ

7月の主役。ニッコウキスゲ。

カキツバタ

カキツバタの群落。

ノアザミ

ノアザミ。

 

 

7月16日。

コミヤマカタバミ

後から写真を見て、一瞬何の花を撮ったのか???と思ったら、コミヤマカタバミ。

時々凄く赤っぽい固体が混ざってます。

 

ミズバショウ喰い跡

ミズバショウの実を何かの動物が食べた跡。

大きな動物が大雑把に食べた様子です。

動物の跡

食べ跡の周り。

かなり大柄な動物が、座り込む等して周囲の草が潰れてます。

 

オニノヤガラ

オニノヤガラ(ラン科)。

 

キンコウカ。

7月の隠れた主役、キンコウカ。

ニッコウキスゲ群落

下ノ大堀のポイントからニッコウキスゲと至仏山

川が写るポイントはお客さん達が撮影してるので、離れたところから撮影。

 

オオバタケシマランの実

オオバタケシマラン(実)。

尾瀬ヶ原7月

真夏という感じになってきた尾瀬ヶ原。

 

オゼミズギク

オゼミズギク。

八月に入ってからが盛りですが、一足早く7月に咲いてました。

 

ギボウシ

コバギボウシ。

 

至仏山

至仏山。

夏らしい雲が山頂から。

 

木道

 

ニッコウキスゲ一輪

もう殆ど枯れ落ちてしまったニッコウキスゲが一輪だけ残ってました。

 

こおにゆり

真夏のユリと言えば、コオニユリ。

 

サワギキョウ

一足先に咲いたサワギキョウ。

前回の記事を読む:6月後半尾瀬 2012年
次回の記事を読む:2012年9月前半の尾瀬

尾瀬新着情報

尾瀬で撮影した画像とその説明。尾瀬情報の一覧