尾瀬プライベートガイド

個人ガイド貸し切りの尾瀬/ハッピーアウトドア

研修会 2020/11/23

尾瀬ガイド協会研修会。

 

雪の木道

鳩待峠閉鎖

2020年10月31日。鳩待峠が閉鎖される最終日は、木道に雪が積もって滑り、歩くのも危ない状態でした。

尾瀬の山小屋やビジターセンターも冬季閉鎖に入り、オフシーズンです。

 

そんなオフシーズン、尾瀬ガイド協会群馬県支部の秋の研修会に行ってきました。

尾瀬の動物講義

午前の講義。

『尾瀬における熊・鹿について考える  講師 野生動物保護管
理事務所 』

 

尾瀬の鹿の害や熊など動物の生態についての講義でした。

 

尾瀬の植物

午後

『変わりつつある尾瀬の植物』

講師 群馬自然史博物館 大森 威史氏。

 

過去に図鑑に載っていたり、尾瀬の植物として登録されていたものも、研究と共にどんどん変わっていっています。

こうやって定期的に勉強しないと、現実とずれていってしまいます。

ガイドの仕事が減るこの時期は、研修会などでスキルアップをしていく時期です。

 


もうすぐ雪が降り積もると、その間はスノーシューのガイドをしています。

真冬の間は、尾瀬に入るのはかなり難易度が高いので、周辺の低山でのスノーシューツアーになります。

みなかみスノーシュー

冬の間は、スノーシューツアーのサイトで更新していますので、良かったらそちらを見てください。

・ハッピースノーシューのHP

 

残雪期(4月後半)から、尾瀬の駐車場が開きバスが入れるようになったら、尾瀬でのスノーシューも開催しています。

尾瀬スノーシュー

これは至仏山ツアーの画像です。

雪が締まっている時期なので、スノーシューではなくてアイゼンを使用しています。

 

 

尾瀬ガイド松田冬の間は山小屋もトイレも閉鎖され、道路も雪で埋まります。

入山禁止というわけでは無いので、雪山登山装備で入っていく人も居ますが、かなり難易度が高いです。

4月の20日過ぎの金曜日辺りから、鳩待峠へのゲートが開かれてバスも入れるようになります。

その時に、また尾瀬でお会いしましょう!

松田ガイドからの一言。


前回の記事を読む:至仏山 2020/10/25

尾瀬新着情報