Top > 新着情報

新着情報

尾瀬や谷川岳、玉原など群馬県北部のトレッキング案内の新着情報
関連ページ一覧

夏、前半の尾瀬 2014年

2014年 夏前半の尾瀬(7月初旬から中旬)。 夏の尾瀬。 前半の初夏の季節です。 お花が多い時期で写真枚数も多くなってしまうので、前半後半で分けています。 7月1日。 至仏山の残雪期入山規制が解かれて、山開きの儀式が行われていました。 至仏山の雄姿。 ツクバネソウ。(ユリ科ツクバネソウ属)

夏、前半の尾瀬 2014年のページを見る>

6月の尾瀬ヶ原 2014年

2014年 6月の尾瀬。 今年の6月は異常な猛暑に見舞われました。 各地でも観測史上初と言った表現が使われていたようですし。 6月の初日に真夏日・・・なかなか経験出来ないことでした。 初春の花、初夏の花の咲くのがとにかく早かったです。 6月1日。 ジャケットやフリースが欠かせないことが多いは

6月の尾瀬ヶ原 2014年のページを見る>

7月の至仏山 2014年

7月の至仏山(2014年)。 山開きからすぐに入ると、まだ咲き始めの高山植物も多いですが、数日待つと色々咲いてきます。 でも待ちすぎるとピークを終わってしまう花も多いですしね。 花の命は短いって感じますね。特に高山植物は活動期間の短さから、咲いている時間も短く入れ替わりが多いですね。 7月初旬。

7月の至仏山 2014年のページを見る>

5月の尾瀬 2014年

5月の尾瀬(2014年)。 4月の鳩待開通から5月末。 尾瀬に訪れる人がもっとも少ない月です。(以前に尾瀬林の人に鳩待の月別入場者の割合を聞いた時に、5月はカウントに入って無かったくらいです) 最初は残雪が大目か平均くらいだと思っていましたが、途中で降雪や気温の上がった日があり溶ける速度が速

5月の尾瀬 2014年のページを見る>

10月の尾瀬 2013年

10月の尾瀬(2013年)。 今年は夏の暑さのせいなのか、強い台風のせいなのか、紅葉があまり綺麗になりませんでした。 10月初旬。 10月1日の至仏山。 まだ青々としています。   尾瀬ヶ原。 草紅葉もあまり見られません。 まっさきに、そして一番鮮やかに赤くなるツタウルシ。 そ

10月の尾瀬 2013年のページを見る>

9月の尾瀬 2013年

9月の尾瀬(2013年)。 暑い夏、そして豪雨、台風とかなり気象の激しい年でした。 例年、9月の最終には尾瀬ヶ原で草紅葉が始まるのですが、今年はほんとにちょっと色づいた程度でした。 さきに紅葉するのは湿原なので、山がまだ緑なのは例年も一緒です。   紅葉のよい、悪いはおかまいな

9月の尾瀬 2013年のページを見る>

7月前半の尾瀬 2013年

7月前半の尾瀬(2013年)。 尾瀬も7月くらいになると、暑い日は半袖になりたいくらいになります。 もちろん、お天気が悪い日には長袖を着てもちょっと足りないくらい寒かったりするので注意が必要。   7月前半。 鳩待峠から歩き出してすぐの山道。 面白いキノコがありました。 キノコは詳

7月前半の尾瀬 2013年のページを見る>

6月の尾瀬 2013年

6月の尾瀬(2013年)。 最近は空梅雨で暑い6月になる年が多いのですが、今年はぐずついたお天気の日が多かったです。 6月は忙しくて更新が滞りがちなので、前半後半と分けずに、山道や湿原のお花もまぜこぜです。   6月。 梅雨っぽいお天気の日が多いでした。 写真を振り返っても、あまり

6月の尾瀬 2013年のページを見る>

2012年9月後半の尾瀬

2012年 9月後半。 気候もよく、咲いている花も多い時期です。 ガイドとして来る日数は6月の方が多いのですが、動植物など被写体の多さと木道が空いていて落ち着いて写真を撮ることが出来るために、9月は写真の枚数が多くなります。 天気が良いことが多いのも、写真枚数が増える理由の一つですね。 とい

2012年9月後半の尾瀬のページを見る>

2012年9月前半の尾瀬

2012年 9月前半の尾瀬。 夏の花と秋の花が入り混じる季節です。 今年は花の数が多いような気もします。 また秋の花が咲き始めるのが少し早いような気もします。 被写体が多くなる時期というのもあって、写真が大目になってしまったので前半後半を分けて掲載。     9月前半。

2012年9月前半の尾瀬のページを見る>

7月の尾瀬 2012年

2012年 7月の尾瀬。 7月に入り、咲いている花の種類も一気に増えてきました。 例年よりも暑い夏になりそうな気配がしています。     7月上旬。 ナナカマドの花。 咲きっぷりが見事です。   チングルマの綿毛。 まだ完全な綿毛というほどフワフワにはなっていま

7月の尾瀬 2012年のページを見る>

6月後半の尾瀬 2012年

6月後半の尾瀬(2012)。 今年の6月は雨がほとんど降りませんでした。 水不足、沢の干上がりなどが目立ってきました。 6月21日。 鳩待山荘の外壁に作られたキセキレイの巣。 親鳥が卵を温めてます。 レンゲツツジも咲き始めました。 コツマトリソウ(サクラソウ科ツマトリソウ属。 まだぽつぽ

6月後半の尾瀬 2012年のページを見る>

6月中盤の尾瀬 2012年

6月中盤の尾瀬(2012)。 好天が続いて日照時間は充分。 残雪が多いために、雪の毛布効果もばっちり。水不足にもならない。 そんな好条件のせいか、花の咲き具合はかなり良いと思いました。 6月11日。 6月も中盤になると、花の種類も増えてきます。 と言ってもまだ抱き始めですから、量的にはけ

6月中盤の尾瀬 2012年のページを見る>

6月前半の尾瀬 2012年

6月前半の尾瀬(2012)。 この年は冬の積雪は例年並みだったのですが、 春先に寒い日が続いて残雪量は例年よりかなり多めでした。 水分が豊富なせいでしょうか、いろんな花が良く咲いてた気がします。 6月前半。 尾瀬ヶ原の雪はなくなりますが、山には残雪が多く残ります。   クロサン

6月前半の尾瀬 2012年のページを見る>

10月後半の尾瀬 2011年

10月後半の尾瀬(2011)。 10月も後半になれば例年初雪が降る頃です。 冬に向けて急速に動いていく尾瀬。 でおその足早な季節の移り変わりに追いつき損ねて、まだ秋のままの部分も混在したりします。 10月17日。 10月後半。 山々も紅葉を追え、枯葉の色に。   でも、こんな葉

10月後半の尾瀬 2011年のページを見る>

10月前半の尾瀬 2011年

10月前半の尾瀬(2011)。 秋も深まり、冬の足音が聞こえる。 それが10月の尾瀬。 初雪や初霜にさらされながら、晩秋を飾る景色は見事です。 今年は紅葉が少し薄かったような気がします。 台風の影響や、日照時間などの影響でしょうか。 10月4日。 さわやかな秋晴れ。 ほぼ毎年綺麗に赤くな

10月前半の尾瀬 2011年のページを見る>

9月後半の尾瀬(2011年

9月後半の尾瀬(2011)。 夏の気配は息を潜め、すっかり秋になります。 初霜も訪れ、冬の気配も顔を見せるのが9月の後半です。 今年は紅葉が少し遅く、9月の末になっても例年よりも紅葉が少なかった気がします。 9/8日。 天気はいいですが、すっかり秋の空です。 薄い雲が広くたなびいてます。

9月後半の尾瀬(2011年のページを見る>

9月前半の尾瀬(2011)

9月前半の尾瀬(2011)。 夏と秋が混在する9月前半の尾瀬。 植物もそうですが、天気もそうです。 日がさせば、半そでになりたくなるくらい暑いのに、日陰に入ると肌寒かったりします。 「今日は暑かったね~」と言いながら、家に帰るころにはクシャミと鼻水が出て寒気がしたりするんです。 上着一枚を頻

9月前半の尾瀬(2011)のページを見る>

8月の尾瀬

8月の尾瀬(2011)。 尾瀬の8月、真夏と夏の終わりが忙しく訪れます。 8/27. 湿原の植物の色に、微妙な変化が訪れます。 ヒツジグサ スイレン科スイレン属。 池塘に浮かぶヒツジグサの葉が、変色し始めているものもあります。 まだ緑の方が濃いですが、徐々に徐々に秋の色へと変わっていきま

8月の尾瀬のページを見る>

7月の尾瀬

7月の尾瀬。 7月に入り、初夏の花達が湿原や森をにぎわせます。 7/1日。 タニギキョウ キキョウ科タニギキョウ属。 山道の脇でひっそりと咲く小さい花なので気づかないことも多いです。 山ノ鼻で休憩中に林縁や木道下などで探すのが分かり易いです。 ヒオウギアヤメ アヤメ科アヤメ属。 カキツバ

7月の尾瀬のページを見る>

6月下旬の尾瀬

6月下旬の尾瀬。 2011年6月21日~30日。 6月後半は夏日のような日が多いでした。 今年、何の気なしに購入してみた麦わら帽子が大活躍。 6/21日。 ギンリョウソウがだいぶ伸びてきました。 ゴヨウイチゴ。 開花から一日くらいで消えてしまいました。 もう夏のような雰囲気。 6/23

6月下旬の尾瀬のページを見る>

6月中旬の尾瀬

6月中旬の尾瀬。 2011年6月11日~20日。 中盤以降は暖かい日も続き、一気に各種植物の開花が進んだ気がします。 序盤は雪が多いでしたが、結局例年どおりに追いついた感じです。 6/12日。 モリアオガエルの卵。   池塘にいるイモリ。 予断ですが、この日6/12に井森美

6月中旬の尾瀬のページを見る>

尾瀬-6月上旬

6月上旬の尾瀬。 2011年6月1日~10日。 今年は雪どけが遅く、前半はかなり残雪の影響が残りました。 山道木道周りにも雪が多く、通行が大変でしたが暖かい日が多かったり雨が降り、消えるのは早かったです。 6月2日、尾瀬ヶ原。 ミズバショウ。雪どけが遅かったので、まだ数が少ないです。

尾瀬-6月上旬のページを見る>

至仏山ツアーのお知らせ

残雪の尾瀬至仏山ツアー募集開始しました。 ゴールデンウィーク(4月23日から5月6日)開催。 鳩待峠からの往復で距離:片道4.5km、標高差637メートル。 雪山が初めてでも、登山の初~中級者で可能なコースです。 ただいま開催中の谷川岳ツアーの途中で撮影した尾

至仏山ツアーのお知らせのページを見る>

GWの至仏山ツアー開催スケジュール

ゴールデンウィークの至仏山ツアー開催予定表 残雪期の至仏山(4月末から5月上旬)のスケジュールをアップしました。 鳩待~津奈木間の道路が開通する翌日から、5月6日の至仏山登頂禁止開始までの間、 ほんの僅かな期間だけ登ることができる、雪の至仏山ツアーです。 至仏山

GWの至仏山ツアー開催スケジュールのページを見る>

尾瀬ハイキング.jpからのお知らせ

HPリニューアルのお知らせ 只今、ホームページのリニューアル作業中です。 皆様が見やすく、使いやすいサイトになるように頑張っています。 暫くの間、リンク切れや消えているコンテンツなどお見苦しい点があったりすると思いますが、お許しください。 ハッピーアウトドア スタッフ

尾瀬ハイキング.jpからのお知らせのページを見る>


更新履歴
夏、前半の尾瀬 2014年(2015年6月13日)
6月の尾瀬ヶ原 2014年(2015年4月17日)
7月の至仏山 2014年(2014年7月 7日)